2017年11月30日木曜日

2018春の選抜甲子園 出場校予想と注目選手

いよいよ秋の神宮大会も終わりましたので、

高校野球ファンはセンバツまで一休み。

ここセンバツ出場校を予想しておきましょう!



北海道

駒大苫小牧

秋の神宮でも大阪桐蔭に負けはしたものの4-2の接戦。

久々に強い"とまこま"復活なるか。





東北

聖光学院(福島)

花巻東(岩手)

日大山形(山形)


最近、盛岡大付属におされ気味だった花巻東は、

久々に甲子園ですね。






関東

中央学院(千葉)

明秀日立(茨城)

慶応(神奈川)

東海大相模(神奈川)

中央学院はなんといっても

二刀流の大谷 拓海選手に注目ですね。

可能性を言うなら

東海大相模の森下 翔太選手はエグい。

大谷選手も森下選手も2018年のドラフトの注目選手ですね。

彼女がいるのかどうか気になりますね。

今まで甲子園に出られそうで出られなかった明秀日立も

ついに初出場ですね。

光星学院時代に現巨人の坂本を育てた金沢成奉監督が

どんな野球をするのか今から楽しみです。





関東はもう1チーム出られるかもしれません。

もう1チームあるとしたら機動破壊の健大高崎でしょうね。



東京

日大三




北信越

日本航空石川(石川)

星稜(石川)

富山商(富山)

日本航空石川は、夏も甲子園に出場して頑張っていましたが、

新チームも強そうですね。

なんといっても夏の甲子園にも出場した大橋 修人投手に注目です。

あとレフトの上田 優弥選手。

身長185cm、体重97kg。これもう高校生じゃないでしょ。



スポンサーリンク





東海

静岡(静岡)

東邦(愛知)

三重(三重)

東邦のスーパー1年生、石川 昴弥選手に

期待しています。






近畿

大阪桐蔭(大阪)

智辯和歌山(和歌山)

乙訓(京都)

近江(滋賀)

彦根東(滋賀)

智弁学園(奈良)

大阪桐蔭は断トツの優勝候補でしょうね。

柿木、横川、根尾と3人の好投手に、

いつもの爆発力のある打線。

甲子園では初戦弱いところとあたって勢いつけたいところ。






中国

おかやま山陽(岡山)

下関国際(山口)

瀬戸内(広島)

おもしろいと思うのは瀬戸内かな。

注目のスラッガー門叶選手を甲子園で見るのが楽しみ。









四国

明徳義塾(高知)

英明(香川)

松山聖稜(愛媛)

高松商(香川)

明徳の安定感はすごいよね。

松山聖稜の土居投手が冬にどれくらい成長を見せるか。

成長があれば松山聖稜は躍進があるかも。。






九州

創成館(長崎)

富島(宮崎)

東筑(福岡)

延岡学園(宮崎)

宮崎の高校野球ファンは喜んでるでしょうね。

まさか宮崎から2校が甲子園に出るとは。

東筑の石田投手は公立校を2回も甲子園に導くなんて、

持ってるものが違いますね。

公立校ですし、恋愛禁止とかないでしょうから、

彼女がいるのかどうか気になりますね!



スポンサーリンク


2017年10月27日金曜日

2017年ドラフト会議! 清宮は日本ハムへ


ドラフト会議おつかれさまでした!

清宮くんは日本ハムへ、安田くんはロッテへ。

プロ野球選手への夢を実現させた選手のみなさん、

おめでとうございます!

契約金で親孝行してください!






ソフトバンク
順位 選手名 所属 守備
×1位 清宮 幸太郎 早稲田実
×1位 安田 尚憲 履正社高
×1位 馬場 皐輔 仙台大
1位 吉住 晴斗 鶴岡東高
2位 高橋 礼 専修大
3位 増田 珠 横浜高
4位 椎野 新 国士舘大
5位 田浦 文丸 秀岳館高
選択終了
育成1位 尾形 崇斗 学法石川高
育成2位 周東 佑京 東農大北海道オホーツク
育成3位 砂川 リチャード 沖縄尚学高
育成4位 大竹 耕太郎 早稲田大
育成5位 日暮 矢麻人 立花学園高
育成6位 渡邉 雄大 新潟アルビレックスBC
選択終了

甲子園でも対決した横浜の増田くんと秀岳館の田浦くんが、

ともにソフトバンクへ。

1位に吉住 晴斗投手がきたのは意外でした。

甲子園でも話題になった済々黌(熊本)出身・早稲田大の

大竹投手もプロ入り。おめでとうございます。







広島
順位 選手名 所属 守備
○1位 中村 奨成 広陵高
2位 山口 翔 熊本工高
3位 ケムナ・ブラッド誠 日本文理大
4位 永井 敦士 二松学舎大付高
5位 遠藤 淳志 霞ケ浦高
6位 平岡 敬人 中部学院大
選択終了
育成1位 岡林 飛翔 菰野高
育成2位 藤井 黎來 大曲工高
育成3位 佐々木 健 小笠高
選択終了


熊本工の山口投手が2位で指名されるのは意外でした。

課題のコントロール(イップスではない)を克服して、

プロで活躍してほしいですね。






西武
順位 選手名 所属 守備
×1位 田嶋 大樹 JR東日本
1位 齋藤 大将 明治大
2位 西川 愛也 花咲徳栄高
3位 伊藤 翔 徳島インディゴソックス
4位 平良 海馬 八重山商工高
5位 與座 海人 岐阜経済大
6位 綱島 龍生 糸魚川白嶺高
選択終了
育成1位 高木 渉 真颯館高
育成2位 齋藤 誠人 北海道教育大岩見沢校
選択終了

メチャクチャ打つけど投げられない選手として、

ドラフト前から話題だった花咲徳栄の西川 愛也選手は

無事に2位指名。おめでとうございます。

西川選手はイケメンで甲子園を沸かせましたが、

彼女がいるのかどうか気になります。





阪神
順位 選手名 所属 守備
×1位 清宮 幸太郎 早稲田実
×1位 安田 尚憲 履正社高
○1位 馬場 皐輔 仙台大
2位 高橋 遥人 亜細亜大
3位 熊谷 敬宥 立教大
4位 島田 海吏 上武大
5位 谷川 昌希 九州三菱自動車
6位 牧 丈一郎 啓新高
選択終了
育成1位 石井 将希 上武大
選択終了

啓新高の牧投手が阪神に決まったのが

地味に嬉しかった。

阪神はホームラン打てる外国人をとることが課題ですよね。








楽天
順位 選手名 所属 守備
×1位 清宮 幸太郎 早稲田実
×1位 村上 宗隆 九州学院高
1位 近藤 弘樹 岡山商科大
2位 岩見 雅紀 慶応義塾大
3位 山崎 剛 国学院大
4位 渡邉 佑樹 横浜商科大
5位 田中 耀飛 兵庫ブルーサンダーズ
6位 西巻 賢二 仙台育英高
7位 寺岡 寛治 石川ミリオンスターズ
選択終了
育成1位 井手 亮太郎 九州産業大
育成2位 松本 京志郎 光南高
育成3位 中村 和希 天理大
選択終了

岩見 雅紀選手は2位まで残ったのが意外なくらい、

貴重な選手だと思います。

プロでもホームランを量産することが期待されます。





DeNA
順位 選手名 所属 守備
1位 東 克樹 立命館大
2位 神里 和毅 日本生命
3位 阪口 皓亮 北海高
4位 齋藤 俊介 JX-ENEOS
5位 櫻井 周斗 日大三高
6位 寺田 光輝 石川ミリオンスターズ
7位 宮本 秀明 パナソニック
8位 楠本 泰史 東北福祉大
9位 山本 祐大 滋賀ユナイテッドBC
選択終了
育成1位 中川 虎大 箕島高
選択終了

糸満高校で甲子園を沸かせた神里選手が2位指名!!!

おめでとうございます。

足が速くてホームラン打てるから、

絶対にすぐにラミレス監督から気に入られること間違いなし。

横浜は神里くんをとれただけでドラフト大成功ですよ。

沖縄出身の選手として、プロ野球を盛り上げてほしいです。







オリックス
順位 選手名 所属 守備
○1位 田嶋 大樹 JR東日本
2位 鈴木 康平 日立製作所
3位 福田 周平 NTT東日本
4位 本田 仁海 星槎国際湘南高
5位 西村 凌 SUBARU
6位 西浦 颯大 明徳義塾高
7位 廣澤 伸哉 大分商高
8位 山足 達也 ホンダ鈴鹿
選択終了
育成1位 稲富 宏樹 三田松聖高
育成2位 東 晃平 神戸弘陵高
育成3位 比屋根 彰人 飛龍高
育成4位 木須 デソウザ フェリペ 御殿場西高
選択終了

オリックスは毎年、良いピッチャーをドラフトで取ってる印象ある。

それでも上位にいけないのがオリックスなんですよね。

田嶋投手は、早く可愛い彼女をつくって、

大阪になじんでほしいですね。







巨人
順位 選手名 所属 守備
×1位 清宮 幸太郎 早稲田実
×1位 村上 宗隆 九州学院高
1位 鍬原 拓也 中央大
2位 岸田 行倫 大阪ガス
3位 大城 卓三 NTT西日本
4位 北村 拓己 亜細亜大
5位 田中 俊太 日立製作所
6位 若林 晃弘 JX-ENEOS
7位 村上 海斗 奈良学園大
8位 湯浅 大 健大高崎高
選択終了
育成1位 比嘉 賢伸 盛岡大付高
育成2位 山上 信吾 常磐高
育成3位 笠井 駿 東北福祉大
育成4位 田中 優大 羽黒高
育成5位 広畑 塁 立正大
育成6位 小山 翔平 関西大
育成7位 折下 光輝 新野高
育成8位 荒井 颯太 関根学園高
選択終了


2位と3位にキャッチャーとるって、

巨人は小林や宇佐美をどう考えてるんだという意見はわかります。

巨人はキャッチャーをいっぱいとるのが趣味なんです。







日本ハム
順位 選手名 所属 守備
○1位 清宮 幸太郎 早稲田実
2位 西村 天裕 NTT東日本
3位 田中 瑛斗 柳ケ浦高
4位 難波 侑平 創志学園高
5位 北浦 竜次 白鴎大足利高
6位 鈴木 遼太郎 東北学院大
7位 宮台 康平 東京大
選択終了

清宮くんは日本ハムへ。

先輩の斎藤祐樹投手のように給料泥棒にならず

頑張ってほしいですね。

清宮くんは北海道の色の白い可愛い彼女をつくるんでしょうね。







中日
順位 選手名 所属 守備
×1位 中村 奨成 広陵高
1位 鈴木 博志 ヤマハ
2位 石川 翔 青藍泰斗高
3位 高松 渡 滝川二高
4位 清水 達也 花咲徳栄高
5位 伊藤 康祐 中京大中京高
6位 山本 拓実 市西宮高
選択終了
育成1位 大蔵 彰人 徳島インディゴソックス
育成2位 石田 健人マルク 龍谷大
選択終了

山本 拓実投手(市西宮高)が中日へ。

甲子園のお膝元の阪神が取ってほしかったな~






ロッテ
順位 選手名 所属 守備
×1位 清宮 幸太郎 早稲田実
○1位 安田 尚憲 履正社高
2位 藤岡 裕大 トヨタ自動車
3位 山本 大貴 三菱自動車岡崎
4位 菅野 剛士 日立製作所
5位 渡邉 啓太 NTT東日本
6位 永野 将司 ホンダ
選択終了
育成1位 和田康士朗 富山GRNサンダーバーズ
育成2位 森 遼大朗 都城商高
選択終了

安田くん取れただけでは御の字でしょ!





ヤクルト
順位 選手名 所属 守備
×1位 清宮 幸太郎 早稲田実
○1位 村上 宗隆 九州学院高
2位 大下 佑馬 三菱重工広島
3位 蔵本 治孝 岡山商科大
4位 塩見 泰隆 JX-ENEOS
5位 金久保 優斗 東海大市原望洋高
6位 宮本 丈 奈良学園大
7位 松本 直樹 西濃運輸
8位 沼田 拓巳 石川ミリオンスターズ
選択終了


打てるキャッチャーとして評判高かった村上くんはヤクルトへ。

東京は刺激的だと思いますが、

真面目に練習して、頑張ってほしいです。







来年のドラフトがもう楽しみですね。



スポンサーリンク


2017年8月27日日曜日

2017年 夏の甲子園は花咲徳栄が優勝! 2017年の教訓

2017年の夏の甲子園は、

花咲徳栄が優勝して幕を閉じました。






広陵の中村奨成くんの大会6本塁打(新記録)が

なんといっても話題になった大会でしたが、

中村奨成くんのブレイクを誰が予想できたでしょう。

広島県大会の成績、17打数3安打ですよ。(打率176)

(身長181cmの体重78kgっておれとあんまり変わらんし。)

中村奨成くんは彼女はいてるんですかね〜

日本の宝ですから変な女性につかまらないようにしてほしいですね








それでは今年の夏の甲子園での教訓を書いときます。

*夏の甲子園、優勝できるチームは投打のバランスが大事

一昨年の東海大相模、去年の作新学院もそうですが、

やっぱり優勝できるチームは投打のバランスが取れていて、

ピッチャーにもバッターにも注目選手がいてますよね。

花咲徳栄はピッチャーは綱脇くんと清水くんの2枚看板が安定。

安定感のある綱脇くんが試合を作って、

150km投げる清水くんが締める展開が万全でした。

バッターには、3番西川くんと4番野村くんが

打率もあって長打力もある。

そういう意味では優勝に惜しかったのは東海大菅生ですね。









*エースが脆くても2番手のピッチャーが安定してるチームは強い

これ広陵のことなんですけど、

正直、県大会の成績を見て広陵がここまで躍進するとは予想できなかった。

平元くんは県大会で29イニング投げて14四死球ですから、

まあ崩れるだろうなと予想してて、実際崩れた場面もあったんですけど、

2番手に出てくる山本 雅也投手がどのチームもなかなか打ち崩せない。

(花咲徳栄は山本くんを打ち込んでましたが。)

エースも大事ですが、2番手のピッチャーの出来が

甲子園でどこまでいけるかを大きく左右しますね。









*地方大会で三振とりまくってても甲子園は別物。145kmは必要。

大会が始まる前に注目していたのが、

興南の宮城 大弥投手。(1年生)

なんといっても沖縄県大会の成績が、

22 1/3イニング投げて34奪三振。

ダントツの成績でしたから、これは甲子園でもブレイクするだろうと

予想してたんですが、実際は智弁和歌山打線につかまって

早々に降板しました。

地方大会と甲子園の違いを見せつけられました。

やっぱりボールのスピード大事ですね。

最速140km前後のボールでは、

甲子園に出てくるチームからバシバシ三振とるのは難しい。







以上です。

夏が終わった感じがして寂しいですね〜。


スポンサーリンク


2017年8月4日金曜日

抽選結果!

ついに抽選が終わりましたね!





【第1日:8月7日】
▽1回戦
10時30分 第1試合 彦根東(滋賀)-波佐見(長崎)
13時00分 第2試合 済美(愛媛)-東筑(福岡)
15時30分 第3試合 藤枝明誠(静岡)-津田学園(三重)

なんてゆるやかな初日なんでしょう。




【第2日:8月8日】
▽1回戦
8時00分 第1試合 作新学院(栃木)-盛岡大付(岩手)
10時30分 第2試合 松商学園(長野)-土浦日大(茨城)
13時00分 第3試合 前橋育英(群馬)-山梨学院(山梨)
15時30分 第4試合 日大山形(山形)-明徳義塾(高知)


作新と盛岡大付属が潰しあうの、

もったいないな~

さらに前橋育英と山梨学院が潰しあうのも、もったいないな~






【第3日:8月9日】
▽1回戦
8時00分 第1試合 木更津総合(千葉)-日本航空石川(石川)
10時30分 第2試合 開星(島根)-花咲徳栄(埼玉)
13時00分 第3試合 聖光学院(福島)-おかやま山陽(岡山)
15時30分 第4試合 早稲田佐賀(佐賀)-聖心ウルスラ(宮崎)

木更津総合と花咲徳栄は順調に勝ったら

2回戦で当たってしまうんですね。

聖光学院は1回戦と2回戦は堅そうですね。

3回戦では広陵、中京大中京、横浜、秀岳館のどこかと当たってしまうのがつらいところですが。





【第4日:8月10日】
▽1回戦
8時00分 第1試合 広陵(広島)-中京大中京(愛知)
10時30分 第2試合 横浜(神奈川)-秀岳館(熊本)
13時00分 第3試合 興南(沖縄)-智弁和歌山(和歌山)
15時30分 第4試合 大阪桐蔭(大阪)-米子松蔭(鳥取)


何この高校野球の縮図みたいな1日。(米子松蔭は除いての話。ごめんなさい。)

2回戦で興南のスーパー1年生の宮城くんvs大阪桐蔭打線が実現したら面白そうですね~





【第5日:8月11日】
▽1回戦
9時30分 第1試合 滝川西(北北海道)-仙台育英(宮城)
12時00分 第2試合 日本文理(新潟)-鳴門渦潮(徳島)
▽2回戦
14時30分 第3試合 北海(南北海道)-神戸国際大付属(兵庫)

仙台育英は直前まで県大会で連戦していたので、遅めの登場で、

しかも相手が滝川西でよかったですね。(滝川西の関係者の人、失礼なこと言ってすみません。)






【第6日:8月12日】
▽2回戦
8時00分 第1試合 大垣日大(岐阜)-天理(奈良)
10時30分 第2試合 三本松(香川)-下関国際(山口)
13時00分 第3試合 明桜(秋田)-二松学舎大付(東東京)
15時30分 第4試合 明豊(大分)-坂井(福井)

このあたり全然、予想つきません。




【第7日】8月13日
▽2回戦
8時00分 第1試合 京都成章(京都)-神村学園(鹿児島)
10時30分 第2試合 高岡商(富山)-東海大菅生(西東京)
13時00分 第3試合 青森山田(青森)-第1日の第1試合の勝者

このあたりも全然、予想つきません。





結局、大阪桐蔭には良い抽選だったんじゃないでしょうか。

広陵、中京大中京、横浜、秀岳館の4チームは不運ですね。

ベスト4がこの4チームだとしても全然驚かない4チームですもんね。


スポンサーリンク


2017年8月2日水曜日

君はK/BBという指標を知っているか!?K/BBで見る2017夏の甲子園の本当にすごいピッチャー!

野球を詳しい人なら知っていると思いますが、

ピッチャーの実力を測る指標として、

K/BBという指標があります。

奪三振数を与四球数で割ったものです。








1つ前の記事にて、1イニングあたりの奪三振数ランキングを紹介しましたが、

三振を取れても、その分4ボールが多かったら意味が全くありません。

(藤浪投手を思い出してしまう。泣)

この指標では1つの4ボールにつき、何個三振をとれるかというのが出ますので、

おのずと4ボールの多いピッチャーの数字は低くなります。

一般的に3.5を超えると優秀とされています。

上原浩治投手は日本のプロ野球で通算のK/BBが6.68だったそうで、

これは歴代のプロ野球選手の中でも断トツの数字だったそうです。








さあそれでは今回の甲子園の出場校の主戦投手のK/BBの

ランキングを見てみましょう。

(本来はBBにはデッドボールは含まないはずですが、

四死球ではなく、四球の数だけを調べるのは大変なので、今回はデッドボールも含んでいます。なので、本来のK/BBより低くなっています。)



1, 前田 秀紀 聖光学院
2, 宮城 大弥 興南 11.333
3, 松本 健吾 東海大菅生 11.000
4, 稲垣 豪人 日本文理 9.000
5, 岡野 佑大 神戸国際大付 8.667
6, 磯村 峻平 中京大中京 8.500
7, 山口 航輝 明桜 7.500
8, 土合 伸之輔 高岡商 6.600
9, 平田 龍輝 智辯和歌山 6.500
10, 森田 南々斗 日大山形 6.333
11, 吉川 大翔 坂井 6.333
12, 青柳 真珠 松商学園 5.250
13, 徳山 壮磨 大阪桐蔭 5.250
14, 市川 睦 二松学舎大付属 5.000
15, 篠原 聖弥 作新学院 5.000
16, 修行 恵大 大垣日大 5.000
17, 石井 友樹 山梨学院 4.500
18, 山下 輝 木更津総合 4.273
19, 三上 世視滝 青森山田 4.000
20, 皆川 喬涼 前橋育英 3.750
21, 平松 竜也 盛岡大付 3.750
22, 鈴木 愛斗 滝川西 3.400
23, 戸郷 翔征 聖心ウルスラ 3.214
24, 水谷 翼 津田学園 3.125
25, 河野 成季 鳴門渦潮 3.091
26, 川端 健斗 秀岳館 2.846
27, 隅田 知一郎 波佐見 2.750
28, 北本 佑斗 明徳義塾 2.714
29, 石田 旭昇 東筑 2.692
30, 阪口 皓亮 北海 2.667
31, 八塚 凌二 済美 2.500
32, 綱脇 慧 花咲徳栄 2.500
33, 久保田 蒼布 藤枝明誠 2.455
34, 佐渡 裕次郎 日本航空石川 2.412
35, 北山 亘基 京都成章 2.222
36, 植野 翔仁 下関国際 2.167
37, 小松 章浩 おかやま山陽 2.167
38, 長谷川 拓帆 仙台育英 2.150
39, 富田 卓 土浦日大 2.133
40, 中村 優真 開星 2.111
41, 碓井 涼 天理 2.000
42, 辰巳 晴野 米子松蔭 1.900
43, 増居 翔太 彦根東 1.833
44, 佐藤 圭悟 三本松 1.750
45, 平元 銀次郎 広陵 1.714
46, 青柳 貴大 神村学園 1.545
47, 佐藤 楓馬 明豊 1.500
48, 板川 佳矢 横浜 1.417
49, 安在 悠真 早稲田佐賀 1.091



聖光学院の前田投手は、20 2/3イニング投げて、

18奪三振しながら、なんと四死球ゼロ。なので、計算不可能です。笑

素晴らしいですね。





奪三振数ランキングでも、両方でベスト10入りしているピッチャーは

興南の宮城 大弥くん、高岡商の土合 伸之輔くん、中京大中京の磯村 峻平くん、明桜の山口 航輝くんの4人でした。

松商学園の青柳 真珠くんも、奪三振ランキングでは2位でこちらでは12位と素晴らしい内容ですね。


スポンサーリンク