2017年8月4日金曜日

抽選結果!

ついに抽選が終わりましたね!





【第1日:8月7日】
▽1回戦
10時30分 第1試合 彦根東(滋賀)-波佐見(長崎)
13時00分 第2試合 済美(愛媛)-東筑(福岡)
15時30分 第3試合 藤枝明誠(静岡)-津田学園(三重)

なんてゆるやかな初日なんでしょう。




【第2日:8月8日】
▽1回戦
8時00分 第1試合 作新学院(栃木)-盛岡大付(岩手)
10時30分 第2試合 松商学園(長野)-土浦日大(茨城)
13時00分 第3試合 前橋育英(群馬)-山梨学院(山梨)
15時30分 第4試合 日大山形(山形)-明徳義塾(高知)


作新と盛岡大付属が潰しあうの、

もったいないな~

さらに前橋育英と山梨学院が潰しあうのも、もったいないな~






【第3日:8月9日】
▽1回戦
8時00分 第1試合 木更津総合(千葉)-日本航空石川(石川)
10時30分 第2試合 開星(島根)-花咲徳栄(埼玉)
13時00分 第3試合 聖光学院(福島)-おかやま山陽(岡山)
15時30分 第4試合 早稲田佐賀(佐賀)-聖心ウルスラ(宮崎)

木更津総合と花咲徳栄は順調に勝ったら

2回戦で当たってしまうんですね。

聖光学院は1回戦と2回戦は堅そうですね。

3回戦では広陵、中京大中京、横浜、秀岳館のどこかと当たってしまうのがつらいところですが。





【第4日:8月10日】
▽1回戦
8時00分 第1試合 広陵(広島)-中京大中京(愛知)
10時30分 第2試合 横浜(神奈川)-秀岳館(熊本)
13時00分 第3試合 興南(沖縄)-智弁和歌山(和歌山)
15時30分 第4試合 大阪桐蔭(大阪)-米子松蔭(鳥取)


何この高校野球の縮図みたいな1日。(米子松蔭は除いての話。ごめんなさい。)

2回戦で興南のスーパー1年生の宮城くんvs大阪桐蔭打線が実現したら面白そうですね~





【第5日:8月11日】
▽1回戦
9時30分 第1試合 滝川西(北北海道)-仙台育英(宮城)
12時00分 第2試合 日本文理(新潟)-鳴門渦潮(徳島)
▽2回戦
14時30分 第3試合 北海(南北海道)-神戸国際大付属(兵庫)

仙台育英は直前まで県大会で連戦していたので、遅めの登場で、

しかも相手が滝川西でよかったですね。(滝川西の関係者の人、失礼なこと言ってすみません。)






【第6日:8月12日】
▽2回戦
8時00分 第1試合 大垣日大(岐阜)-天理(奈良)
10時30分 第2試合 三本松(香川)-下関国際(山口)
13時00分 第3試合 明桜(秋田)-二松学舎大付(東東京)
15時30分 第4試合 明豊(大分)-坂井(福井)

このあたり全然、予想つきません。




【第7日】8月13日
▽2回戦
8時00分 第1試合 京都成章(京都)-神村学園(鹿児島)
10時30分 第2試合 高岡商(富山)-東海大菅生(西東京)
13時00分 第3試合 青森山田(青森)-第1日の第1試合の勝者

このあたりも全然、予想つきません。





結局、大阪桐蔭には良い抽選だったんじゃないでしょうか。

広陵、中京大中京、横浜、秀岳館の4チームは不運ですね。

ベスト4がこの4チームだとしても全然驚かない4チームですもんね。


スポンサーリンク


2017年8月2日水曜日

君はK/BBという指標を知っているか!?K/BBで見る2017夏の甲子園の本当にすごいピッチャー!

野球を詳しい人なら知っていると思いますが、

ピッチャーの実力を測る指標として、

K/BBという指標があります。

奪三振数を与四球数で割ったものです。








1つ前の記事にて、1イニングあたりの奪三振数ランキングを紹介しましたが、

三振を取れても、その分4ボールが多かったら意味が全くありません。

(藤浪投手を思い出してしまう。泣)

この指標では1つの4ボールにつき、何個三振をとれるかというのが出ますので、

おのずと4ボールの多いピッチャーの数字は低くなります。

一般的に3.5を超えると優秀とされています。

上原浩治投手は日本のプロ野球で通算のK/BBが6.68だったそうで、

これは歴代のプロ野球選手の中でも断トツの数字だったそうです。








さあそれでは今回の甲子園の出場校の主戦投手のK/BBの

ランキングを見てみましょう。

(本来はBBにはデッドボールは含まないはずですが、

四死球ではなく、四球の数だけを調べるのは大変なので、今回はデッドボールも含んでいます。なので、本来のK/BBより低くなっています。)



1, 前田 秀紀 聖光学院
2, 宮城 大弥 興南 11.333
3, 松本 健吾 東海大菅生 11.000
4, 稲垣 豪人 日本文理 9.000
5, 岡野 佑大 神戸国際大付 8.667
6, 磯村 峻平 中京大中京 8.500
7, 山口 航輝 明桜 7.500
8, 土合 伸之輔 高岡商 6.600
9, 平田 龍輝 智辯和歌山 6.500
10, 森田 南々斗 日大山形 6.333
11, 吉川 大翔 坂井 6.333
12, 青柳 真珠 松商学園 5.250
13, 徳山 壮磨 大阪桐蔭 5.250
14, 市川 睦 二松学舎大付属 5.000
15, 篠原 聖弥 作新学院 5.000
16, 修行 恵大 大垣日大 5.000
17, 石井 友樹 山梨学院 4.500
18, 山下 輝 木更津総合 4.273
19, 三上 世視滝 青森山田 4.000
20, 皆川 喬涼 前橋育英 3.750
21, 平松 竜也 盛岡大付 3.750
22, 鈴木 愛斗 滝川西 3.400
23, 戸郷 翔征 聖心ウルスラ 3.214
24, 水谷 翼 津田学園 3.125
25, 河野 成季 鳴門渦潮 3.091
26, 川端 健斗 秀岳館 2.846
27, 隅田 知一郎 波佐見 2.750
28, 北本 佑斗 明徳義塾 2.714
29, 石田 旭昇 東筑 2.692
30, 阪口 皓亮 北海 2.667
31, 八塚 凌二 済美 2.500
32, 綱脇 慧 花咲徳栄 2.500
33, 久保田 蒼布 藤枝明誠 2.455
34, 佐渡 裕次郎 日本航空石川 2.412
35, 北山 亘基 京都成章 2.222
36, 植野 翔仁 下関国際 2.167
37, 小松 章浩 おかやま山陽 2.167
38, 長谷川 拓帆 仙台育英 2.150
39, 富田 卓 土浦日大 2.133
40, 中村 優真 開星 2.111
41, 碓井 涼 天理 2.000
42, 辰巳 晴野 米子松蔭 1.900
43, 増居 翔太 彦根東 1.833
44, 佐藤 圭悟 三本松 1.750
45, 平元 銀次郎 広陵 1.714
46, 青柳 貴大 神村学園 1.545
47, 佐藤 楓馬 明豊 1.500
48, 板川 佳矢 横浜 1.417
49, 安在 悠真 早稲田佐賀 1.091



聖光学院の前田投手は、20 2/3イニング投げて、

18奪三振しながら、なんと四死球ゼロ。なので、計算不可能です。笑

素晴らしいですね。





奪三振数ランキングでも、両方でベスト10入りしているピッチャーは

興南の宮城 大弥くん、高岡商の土合 伸之輔くん、中京大中京の磯村 峻平くん、明桜の山口 航輝くんの4人でした。

松商学園の青柳 真珠くんも、奪三振ランキングでは2位でこちらでは12位と素晴らしい内容ですね。


スポンサーリンク


三振とれるピッチャーが夏を制す!1イニングあたり奪三振数ランキング!

やはり野球はピッチャー!

ピッチャーでも三振を取れるピッチャーが本物!ということで、

今年の夏の出場校の主戦投手の地方大会での

1イニングあたりの奪三振数をランキングにしてみました。

(去年は優勝校の作新学院・今井投手が1位でした。)







1, 宮城 大弥 興南 1.522
2, 青柳 真珠 松商学園 1.326
3, 土合 伸之輔 高岡商 1.320
4, 川端 健斗 秀岳館 1.291
5, 北山 亘基 京都成章 1.224
6, 戸郷 翔征 聖心ウルスラ 1.216
7, 磯村 峻平 中京大中京 1.186
8, 河野 成季 鳴門渦潮 1.186
9, 山口 航輝 明桜 1.169
10, 皆川 喬涼 前橋育英 1.139
11, 山下 輝 木更津総合 1.119
12, 佐渡 裕次郎 日本航空石川 1.098
13, 徳山 壮磨 大阪桐蔭 1.077
14, 森田 南々斗 日大山形 0.983
15, 稲垣 豪人 日本文理 0.964
16, 長谷川 拓帆 仙台育英 0.963
17, 水谷 翼 津田学園 0.926
18, 平田 龍輝 智辯和歌山 0.907
19, 吉川 大翔 坂井 0.905
20, 阪口 皓亮 北海 0.889
21, 市川 睦 二松学舎大付属 0.875
22, 前田 秀紀 聖光学院 0.871
23, 植野 翔仁 下関国際 0.867
24, 篠原 聖弥 作新学院 0.857
25, 北本 佑斗 明徳義塾 0.851
26, 石井 友樹 山梨学院 0.844
27, 松本 健吾 東海大菅生 0.835
28, 平元 銀次郎 広陵 0.828
29, 修行 恵大 大垣日大 0.822
30, 隅田 知一郎 波佐見 0.815
31, 三上 世視滝 青森山田 0.727
32, 平松 竜也 盛岡大付 0.714
33, 岡野 佑大 神戸国際大付 0.703
34, 富田 卓 土浦日大 0.676
35, 鈴木 愛斗 滝川西 0.638
36, 板川 佳矢 横浜 0.622
37, 増居 翔太 彦根東 0.611
38, 久保田 蒼布 藤枝明誠 0.600
39, 青柳 貴大 神村学園 0.593
40, 石田 旭昇 東筑 0.574
41, 八塚 凌二 済美 0.563
42, 中村 優真 開星 0.533
43, 辰巳 晴野 米子松蔭 0.528
44, 安在 悠真 早稲田佐賀 0.522
45, 小松 章浩 おかやま山陽 0.513
46, 佐藤 楓馬 明豊 0.450
47, 綱脇 慧 花咲徳栄 0.400
48, 碓井 涼 天理 0.385
49, 佐藤 圭悟 三本松 0.378

*各チームで取り上げているピッチャーは背番号1を主戦投手(1番多くイニングを投げているピッチャー)です。必ずしも背番号1を背負っている投手ではありません。

スポンサーリンク




1位はなんと興南のスーパー1年生、宮城投手でした。

興南は初戦でリズムに乗れば本当に怖い存在になりそうです。

2位の松商学園の青柳投手については、

恥ずかしながら聞いたことがなかったんですが、立派な数字ですね。

松商学園は機動力も持っていますし、初戦で楽に勝てれば面白い存在です。








最下位は残念ながら、

香川の三本松高校の佐藤 圭悟投手でした。

きっと打たせて取るピッチャーなんでしょうね。


スポンサーリンク


2017年7月2日日曜日

報知高校野球 2017年7月号 夏の甲子園に向けて注目選手




夏の地方大会が始まる前に、

報知高校野球7月号が注目選手を紹介していたので、

メモしておきます。

とりあえずピッチャーに限定して注目選手を紹介しますね。

甲子園に出れるかどうかは、まだわかりませんが、

ドラフトでも注目選手になるでしょうね。








本田 仁海 (神奈川・星槎国際湘南)

神奈川の広域通信制の高校だそうです。

本田投手は最速149kmのストレートに、

スライダーとカーブ。

秋の神奈川覇者である慶応を春の県大会で、

9回6被安打1失点に抑えたそうです。








宮本 大勢(大阪・大体大浪商)

身長183cmの大型左腕だそうです。

大阪は大阪桐蔭と履正社の2強でしょうが、

ピッチャー1人でどうにでもなるのが野球ですからね。







古屋敷 匠真(青森・八戸工大一)

最速150km投げるそう。身長180cm







田中 瑛斗(大分・柳ヶ浦)

146km右腕。身長184cm。

体重70kgでまだまだ細いですけどね。これからが楽しみです。








渡辺 竜基(鹿児島・鹿児島実)

覚醒した185cm右腕。

鹿児島は、今年は鹿実と神村学園の2強ですね。








森井 絃斗(徳島・板野)

徳島は最近、鳴門が強かったですが、

今年は激戦が予想されます。

板野高校の森井 絃斗投手は150km投げるそうです。

甲子園は微妙でも、ドラフトに確実にかかってくる逸材ですね。







清水 力斗(石川・星稜)

プロ注目の149km右腕とのことです。

星稜は春の北信越大会で優勝して、

今年は投打のバランスが取れた良いチームみたいですね。







牧 丈一郎(福井・啓新)

春の県大会優勝の啓新が強そうですね。

牧投手は最速152km投げるそう。

啓新は牧投手を県大会決勝の福井工大福井戦で温存しても、

勝ってますからね。

なかなか強そうです。




スポンサーリンク


スポーツ・グラフィック ナンバー 清原和博「告白」





雑誌ナンバーを久しぶりに買って読みました。

いや〜ナンバーさんは清原和博さん(以下、敬称略)に対して思いが

強いですよね。

個人的に私にとっても清原は大好きな選手でした。

松井もすごかったけど、

清原はスケールが大きくて、とても人間らしさが見えるヒーローですよね。

そこが大好きでした。







インタビューには、ただただ反省の言葉が。

清原本人のインタビューより、

親友の佐々木主浩や、後輩の立浪和義が語る清原が印象的でした。







佐々木主浩の言葉。

(清原が巨人へ移籍した頃を回想して)

「この頃、彼は「番長」と呼ばれ始めたけど、全然そんなタイプじゃないんですよ。今までの話を聞いててもわかると思うけど、優しいし、どちらかというと心配性だしね」






立浪和義の言葉。

「世間の皆さんは怖いというイメージが強いと思うんですけど、実際はすごく優しい人なんで。」








佐々木や立浪が語るように、清原は本当に優しい人間なんだなと感じました。

実際、かつて西武のコーチを務めていた方に話を聞いたことあるんですが、

キヨは本当に真面目で良いヤツと語っておられました。









立浪はこんなことも語っています。

「例えば今、清宮(幸太郎)くんも(高校通算本塁打を)100本打って、確かにすごいですけど、果たして清宮くんがプロに入って1年目に清原さんのように30本打てるかって言ったら打てないと思うんですよね。本当に、すごかった。もう、なかなか、野球においてあんな方は出てこないと思いますね。」

清原と、早稲田実業の清宮くんを比較。

激しく同意したいです。









ダルビッシュ有投手も、清原を全面的にサポートする姿勢を表しています。

「清原さんの1番のゴールは監督として野球界に復帰することだと思っています。監督でなくてもコーチでも、それがもし実現できれば野球界にとってもすごいことだと思います。」

ダルビッシュ、本当に人間として素晴らしい。

紗栄子とすぐに離婚したときは裏の顔があるんかなと思ったけど、

今のダルビッシュは心の底からリスペクトしてます。


スポンサーリンク