2017年5月7日日曜日

2017年春センバツ ベストナイン(個人的)発表



高校野球を盛り上げてくれる雑誌、報知・高校野球さんが、

5月号にてセンバツのベストナインを発表されていました。





投手

(右) 西垣 雅矢 (報徳学園)

(左) 丸山 和郁 (前橋育英)

捕手

古賀 悠斗 (福岡大大濠)

一塁手

清宮 幸太郎 (早稲田実)

二塁手

橘内 俊治 (早稲田実)

遊撃手

根尾  (大阪桐蔭)

三塁手

中島 淳 (作新学院)

外野手

小野寺 大輝 (健大高崎)

成瀬 和人 (静岡)

樺嶋 竜太郎 (福岡大大濠)





具体的に言うと選手を批判してるようになるので避けますが、

ちゃんとセンバツ見てた!?と言いたくなる部分があります。

なので個人的に選んだベストナインを発表します。







投手

徳山 壮磨 (大阪桐蔭)

いや〜正直、文句なしで徳山くんだと思うんですが。

圧巻は序盤に横川、香川と打たれて2回からリリーフした静岡戦。

荒れた試合を落ち着かせて、逆転を呼び込みました。

コントロールとメンタル面が素晴らしいピッチャー。






捕手

篠原 翔太 (報徳学園)

報徳ベスト4の原動力となった打てるキャッチャー。

古賀 悠斗くん (福岡大大濠)も前評判通り良いキャッチャーだと思いました。







一塁手

山下 航汰 (健大高崎)

機動破壊の健大高崎に突如、長打力あるバッターが現れましたね。

2年生で満塁ホームラン2本は立派としか言いようがない。







二塁手

坂之下 晴人 (大阪桐蔭)

正直、セカンドは目立って活躍した選手がいなかった気がするけど、坂之下くんは安定した守備と決勝戦でのホームランが光りましたね。







遊撃手

小園 海斗 (報徳学園)

小園くんは長打力あって、足も速くて、本当に良い1番バッターですよね。







三塁手

山田 健太 (大阪桐蔭)

履正社の安田 尚憲選手もよくプレッシャーの中で結果を出したけど、

やはり大阪桐蔭の山田くんの勝負強さは素晴らしかった。

ハイライトは秀岳館との準決勝での2打点ですね。







外野手

藤原 恭大 (大阪桐蔭)

決勝戦でのホームラン2本と三塁打が印象的。ちょっと決勝以外は振るわずでしたが。






植田 拓 (盛岡大付属)

去年の甲子園でも目立ってましたが、そのパワーは今年も健在。

絶好調だった履正社の竹田投手から放ったホームランが印象的でした。








樺嶋 竜太郎 (福岡大大濠)

2打席連続ホームランを評価。










準優勝の履正社から誰も選べなかったのですが、

悪意はありません。

竹田くんも安田くんも良かったけど、

どちらも優勝校の大阪桐蔭に同じポジションで良い選手がいたので、

優勝校を優先して選びました。










夏の甲子園が今から楽しみです。


スポンサーリンク


2017年5月6日土曜日

小倉ノート / 小倉 清一郎





元・横浜高校野球部長の小倉清一郎さんが書かれた

「小倉ノート 甲子園の名参謀が明かす『トップチーム』の創り方」という本を読みました。








前半は松坂大輔、成瀬善久、涌井秀章などの一流投手をいかに自分が育てたのか、

理論よりも自慢話に近い形で進むのですが、

後半は偵察や育成の理論を語られていて面白かったです。







甲子園で当時、鹿児島実業のエースだった杉内俊哉を攻略したときは、

杉内が二塁にランナーを出したとき、目を切ってから投げるまで長いという癖を見抜いて、

楽々に三盗できると確信して、試合では実際に三盗させて、

そこから犠牲フライで先制点をとり、杉内俊哉を攻略したそうです。









桐光学園の松井裕樹(現・楽天)とあたったときは、

チェンジアップは左バッターには投げず、右バッターに対しても確率が低く、

チェンジアップは捨てて、キレのあるスライダーも捨てて、

ストレートに的を絞って、結果2本のホームランで松井裕樹を打ち崩したそうです。

野球って面白い。









あと参考になったのは、小倉清一郎さんが相手チームを分析する上で、

甲子園だと地方大会の戦績が載っている雑誌を見て、

チーム盗塁数とチーム失策数を重視して視るそうです。

盗塁数は「足にはスランプがない」ので、

地方大会で走れる学校は甲子園でも走れるから、ということだそうです。





スポンサーリンク


2017年4月30日日曜日

ゆとりの美学 / 前田健太






PL学園出身で、元広島カープのエース、

現在はロサンゼルスドジャースで活躍する前田健太投手(通称マエケン)が

書いた本「ゆとりの美学」を読みました。









まずこの「ゆとりの美学」という野球本とは思えないタイトルについて。

マエケンは1988年生まれ。

いわゆる「ゆとり世代」に生まれ育った人間です。

現在社会では「ゆとり」という言葉に対してネガティヴなイメージが強くなっていますが、

マエケン投手は「余裕がある」「窮屈でない」などの前向きなイメージを込めて、

このタイトルをつけたそうです。









この本を読んで印象的だったのが、

マエケン投手がいかに余裕ある状態を作り出そうとしているか。

ピッチャーというのは、かなりのプレッシャーがかかるポジションです。

そんな中でパフォーマンスを発揮するために、

マエケン投手はルーティンをとても大事にしているそうです。









ルーティンを知らない人のために簡単に説明すると、同じことを継続してすること。

野球界ではイチロー選手が毎日カレーを食べる、

またはバッターボックスに入るとピッチャーに向かってバットを立てるのが有名ですね。










マエケン投手のルーティンは

試合前日から

①コーヒーを買う
②晩ご飯を食べる
③お風呂
④ヒゲを剃る
⑤ストレッチ、治療
⑥相手チームのデータ整理
⑦同じパジャマ、下着を着て就寝

試合当日は
⑧試合7時間半前に起床
⑨昼食(奥さんの豚肉のあんかけ丼を食べるそうです。)
⑩お風呂、トイレ掃除

(以下省略)

といった感じで、

とにかく同じ流れで試合にのぞむことを

大事にしているそうです。









野球をしている人だけでなく、ビジネスマンにも参考になる

ルーティンのお話ですね。









話は変わりますが、

この本には黒田投手やイチロー選手などの逸話がたくさん紹介されていますが、

感動的だったのはダルビッシュ投手との話。

2010年の交流戦、日本ハムのエースだったダルビッシュ投手は、

マエケン投手がバッターボックスに入ると、

意図的に自身の全球種を投げたそうです。










ダルビッシュはその後、自身のブログにて

「全部ではありませんが、僕の持ち球をほとんど投げさせてもらいました。前田君にはセ・リーグを代表するピッチャーになってもらいたい」

と書きました。








これはもうマエケンはおいといて、

ダルビッシュはなんて立派な人間なんだと涙。

以上、本の感想でした。



スポンサーリンク


2017年4月4日火曜日

2017年春 センバツ準決勝、決勝 試合感想

引き続き2017年のセンバツ高校野球の試合感想を書きます。






履正社-報徳学園(履正社が9回表に逆転して接戦を6-4で制す。)

いや~前評判は圧倒的に履正社でしたが、

報徳学園かなり惜しかったですね。

正直、どっちが勝ってもおかしくない試合でした。

履正社の竹田投手も、報徳学園の西垣投手も本調子でなかった印象を受けました。








大阪桐蔭-秀岳館(大阪桐蔭が2-1で接戦を制す。)

大阪桐蔭はやっぱり山田くんの勝負強さ(この日2打点)と

徳山くんの相変わらずの安定感。

いや~でも大阪桐蔭打線を2点に抑えた秀岳館の田浦投手、川端投手にも拍手。








----決勝戦----

大阪桐蔭-履正社(大阪桐蔭が4本のホームランで8-3で、史上初の大阪対決の決勝戦を制す。)

いや~なんといっても大阪桐蔭の藤原選手。

決勝戦まで2安打しか打っていなかったのが信じられない活躍でしたね。

2本のホームランと1本の3塁打。

スライダー打って、ストレート打って、最後フォーク打って、って、

もはや手が付けられない感じでした。

そしてやっぱり徳山くんの安定感。

コントロールと球威と、8回に追いつかれはしましたが最高のピッチングでした。


スポンサーリンク


2017年春 センバツ 9日目、準々決勝 試合感想

今日も引き続き、センバツ高校野球の

試合の感想を書きます。

再試合が2試合行われた9日目と準々決勝(ベスト8)の試合です。






福岡大大濠-滋賀学園(福岡大大濠の注目選手、古賀君のホームランで競り勝ち。スコア5-3)

中1日の登板となった三浦くんが完投勝利。










健大高崎-福井工大福井(10-2で健大高崎が快勝)

健大高崎が山下選手の今大会2本目の満塁ホームランで福井工大福井を沈める。

投手陣の層の厚さの違いが如実に表れた再試合でしたね。







----ここから準々決勝----

履正社-盛岡大付属(8-1で履正社が快勝)

履正社の竹田くんが6回まで1人もランナーを許さず、

完璧なピッチング。

盛岡大付属は7回に植田くんのホームランで1点返すのがやっと。







報徳学園-福岡大大濠(8-3で報徳学園が快勝)

報徳学園は、西垣投手の調子が今大会初めてよくなかったが、

2番手ピッチャーの池上くんが好投して快勝。

福岡大大濠はエースの三浦くんを温存。

このチームは夏までにいかに2番手ピッチャーを育てるかが課題やね。







秀岳館-健大高崎(9-2で秀岳館が快勝)

なんといっても秀岳館の鍛治舎監督が、

「機動破壊といっても、本塁までは破壊できない」と言って、

健大高崎の機動力を"無視"したのが印象的だった試合。

川端投手の力投も光りました。







大阪桐蔭-東海大福岡(大阪桐蔭が4-2で接戦を制す。)

東海大福岡は負けましたが、それでも負けてなお強しと感じさせた試合。

安田投手はすごい変化球があるとか球速が速いとかではないですが、

それでも大阪桐蔭打線をここまで抑えるピッチングはさすが。

大阪桐蔭の徳山くんの相変わらずの安定感も光りました。


スポンサーリンク


2017年4月3日月曜日

2017年春センバツ7日目、8日目 試合感想

引き続き、センバツ甲子園の試合の感想をメモしておきたいと思います。

今日は大会7日目と8日目です。






大会7日目

報徳学園-前橋育英(報徳が西垣投手の好投で4-0で完封勝ち)

西垣くん見事なピッチング。

前橋育英は先発した根岸投手がふるわず、試合が決まってしまいました。

前橋育英の2回から登板した丸山投手は好投してましたね。







福岡大大濠-滋賀学園(1-1で延長15回決まらず再試合へ)

福岡大大濠の三浦投手は1回戦から引き続きの好投で15回を1失点。

滋賀学園の宮城投手、棚原投手と継投して1失点。

滋賀学園の投手陣の層の厚さね。







福井工大福井-健大高崎(7-7で再試合へ)

シーソーゲームは、15回をやっても決まらず、こちらも再試合へ。

9回裏のダブルスチールで同点に追いついた健大高崎の機動破壊っぷりが見事。







大会8日目

秀岳館-作新学院(3-2)

秀岳館は田浦投手と川端投手の継投で、見事に作新学院打線を2失点に抑える。

どっちが勝ってもおかしくなかった試合。







東海大福岡-早稲田実(11-8で東海大福岡が清宮選手率いる早稲田実業に打ち勝つ。)

早稲田は1回戦に好投した服部投手が3回につかまりノックアウト。

そのあと、池田、赤嶺、石井と継投したものの11失点。

東海大福岡の安田投手は清宮くんに対して高めのボールで抑えた。

清宮くんはローボールヒッターだった。

結局、清宮くんは3年の春のセンバツはホームランなしで終了。








大阪桐蔭-静岡(11-8で大阪桐蔭が地力の高さを見せる。)

初回から6点をとりあうすごい試合だった。

大阪桐蔭は初回に出てきた横川投手、香川投手が試合を作れず、

結局、徳山投手頼み。徳山投手の安定感はすごい。


スポンサーリンク


2017年3月25日土曜日

2017年 春センバツ5日目、6日目 試合感想

今日も引き続き、センバツの試合の感想をメモっときます。

大会5日目、6日目の感想です。






東海大福岡-神戸国際大付属(2-1で東海大福岡がサヨナラ勝ち)

神戸国際大付属が、なんといっても秋の近畿大会で大阪桐蔭に土をつけたチームということで、

前評判は高かったですが、拮抗した投手戦を東海大福岡が制す。

2回戦であたる早稲田実業は左のエース(黒田くん)がいる神戸国際大付属の方が嫌だったんじゃないかなと推測する。







早稲田実業-明徳義塾(5-4で早稲田実業が延長10回の戦いを制す。)

なんといっても9回表の早稲田実業の攻撃がハイライトですね。

ピッチャー北本くんはそれまで完全に早稲田実業を抑えていたけれど、

9回は清宮くんの存在感と甲子園の空気にのまれましたね。

あのピッチャーゴロを捕ってたらな~と思いますが、

北本くんの好投は褒めてあげたいですよね。

明徳義塾としては、早稲田の背番号1の服部投手から

からっきし打てなかったのが痛かった。







静岡-不来方(静岡が部員10人の不来方に快勝。12-3。)

不来方は健闘した方でしょう。優秀な1年生が入部してくれることを願います。








大阪桐蔭-宇部鴻城(大阪桐蔭が投打ともに圧倒。11-0で完勝)

今年も大阪桐蔭は強い。

特に先発したメンバーのうち5人が2年生というところに可能性を感じる。






------↓ここから2回線--------

履正社1-0呉(履正社の山口投手が被安打2で完封勝ち)

履正社の大差勝ちを予想してましたが、

市立呉は頑張りましたよね。

履正社打線は左投手が苦手なのかと思わされた試合。








盛岡大付属-智弁学園(5-1で盛岡大付属が貫録勝ち)

打ち合いが予想されましたが、

5回まで両チーム無得点とまさかの投手戦。

初戦の高岡商戦で打ち込まれた盛岡大付属の三浦投手は

見事に修正してきましたね。

次の履正社戦でのピッチングが楽しみです。



スポンサーリンク


2017年3月24日金曜日

2017年 春センバツ 3日目、4日目 試合感想

あっという間に1回戦も残すところあと僅かになってしまいました。

2017年センバツ甲子園3日目、4日目の感想を書きます。






大会3日目

福岡大大濠-創志学園(6-3で福岡大大濠の勝ち)

福岡大大濠が8番バッターの華嶋くんの2本のホームランで突き放し、

三浦投手の力投で快勝。投打のバランスが取れていて良いチームの印象を受けた。






滋賀学園-東海大望洋(延長14回に滋賀学園が一挙4得点。6-2で滋賀学園の勝ち。)

滋賀学園は去年のセンバツで力投を見せていた神村くんが登板せず、

棚原くんが1人で14回を投げ切ったのに驚いた。

神村くんは調子悪いんかな。。。

神村くんが良くて2枚看板なら、これは強いチームですよ。







健大高崎-札幌第一(11-1で健大高崎の勝ち)

健大高崎が山下選手の満塁ホームランなどで大量得点。

今年のチームは機動破壊は弱め!?な印象を受けた。

2回戦を見てみないと何とも言えないけど。







大会3日目

福井工大福井-仙台育英(6-4で福井工大福井が接戦を制す)

おそらく近年の仙台育英の甲子園での印象から、

この試合は仙台育英が固いと思っていた人は多かったんじゃないでしょうか。

北信越大会でサイクルヒットを記録したという山岸選手のホームランなどで、

福井工大福井が仙台育英をジャイアントキリング。(言い過ぎ。)








秀岳館-高田商(11-1で秀岳館が快勝)

序盤2回を高田商の古川投手が無失点に抑えて、

もしかして!?と思ったけど、やはり秀岳館強し。

幸地選手の満塁ホームランで試合を決めた。








作新学院-帝京第五(9-1で作新学院が快勝)

2016年夏の優勝校、作新学院はやっぱり強かった。

夏の大会でも目立っていた鈴木 萌斗選手が甲子園に帰ってこれたのを見て、

うれしかった。

2回戦での作新学院-秀岳館はなかなか良い試合になりそうですね~




スポンサーリンク


2017年3月20日月曜日

2017年センバツ甲子園ついに開幕!1日目&2日目 試合感想

ついに2017年春の甲子園が開幕しました。

作新学院の添田選手の宣誓が感動的でしたね。





1日目と2日目の試合の感想を書きたいと思います。

大会1日目

呉-至学館 (6-5で呉が延長12回の試合を制す)

下馬評は至学館有利でしたが、

呉が粘り勝ちでしたね。

呉のピッチャー池田くんは被安打4でなかなか良いピッチングだったんじゃないでしょうか。

次の相手が履正社というのが辛いですね。







履正社-日大三(履正社が9回表に7得点の猛打で試合を12-5制す)

前半は日大三高のペースでしたけどね。

桜井くんの才能は垣間見ましたが、長く続かなかったですね。

夏までに体力つけて帰ってきてほしいです。

履正社の竹田くんは今大会では注目投手の一人ですが、

今の状態では打たれるでしょうね。







智弁学園-熊本工(9-0で智弁学園が完勝)

智弁の松本くんがすごいのか、熊本工の打線がしょぼいのか、

どっちや!?っていうくらい熊本工は打てなかったですね。

149km投げるという熊本工の山口 翔投手はコントロールが悪すぎて、試合を作れず。






大会2日目

盛岡大付属-高岡商(10-9で盛岡大付属が9回サヨナラ勝ち)

シーソーゲームでどっちに転んでもおかしくない試合でしたが、

最後は盛岡大付属が地力の差を見せたという感じでしょうか。

盛岡大付属は先発した三浦投手が打たれすぎ。

2回戦までどれくらい修正できるか。

2016年夏もよく打ったイメージですが、2017年のチームも打力十分ですね。







報徳学園-多治見(21-0で報徳が完勝。)

21世紀枠は必要なのか、と考えさせられた試合。

報徳学園が投打に圧倒してましたね。

報徳学園は1番小園くん、2番永山くんが打てて足速くて、良いと思った。

2016年センバツ準優勝の高松商を連想させるチーム。

ホームランを打てそうなバッターがいない感じはするけどね。(今日は小園選手が1本打った。)

ピッチャーの西垣投手は伸びしろありそう。

多治見は秋の岐阜県大会優勝したってまじか。







前橋育英-中村(5-1で前橋育英が勝利)

21世紀枠の中村が、インフルエンザのため4人開会式を欠席すると聞いたときは、

前橋育英の大勝ちを予想したけど、

意外や意外、中村は粘りましたね。

逆に前橋育英は今日の試合に関しては強さ感じなかったです。


スポンサーリンク


2017年2月14日火曜日

[2017春センバツ] 三振とれるピッチャーが本物!秋の公式戦、1イニングあたり奪三振数ランキング

やっぱり春は投手力ということで、

センバツ出場校のピッチャーを分析していきたいと思います。






やはりいつの時代も三振とりたいときにとれるピッチャーが強いということで、

出場校の主戦投手の1イニングあたりの奪三振数をランキングにしました。

桜井 周斗 (東京・日大三) 1.298701299
田浦 文丸 (熊本・秀岳館) 1.172413793
池谷 蒼大 (静岡・静岡) 1.14768952
古川 響輝 (奈良・高田商) 1
黒田 倭人 (兵庫・神戸国際大付) 0.983870968
松本 竜也 (奈良・智弁学園) 0.977747808
土合 伸之輔 (富山・高岡商) 0.931195034
山口 翔 (熊本・熊本工) 0.921875
長谷川 拓帆 (宮城・仙台育英) 0.918032787
三浦 銀二 (福岡・福岡大大濠) 0.9
竹田 祐 (大阪・履正社) 0.890243902
平松 竜也 (岩手・盛岡大付属) 0.880814754
吉沢 悠 (群馬・前橋育英) 0.866666667
金久保 優斗 (千葉・東海大市原望洋) 0.848334368
北原 野空 (高知・中村) 0.781818182
大関 秀太郎 (栃木・作新学院) 0.778309229
岡元 健太朗 (愛媛・帝京五) 0.743589744
富樫 颯大 (北海道・札幌第一) 0.713386488
伊藤 敦紀 (群馬・健大高崎) 0.666666667
池田 吏輝 (広島・市立呉) 0.638645477
神村 月光 (滋賀・滋賀学園) 0.636363636
河地 京太 (岐阜・多治見) 0.617178124
徳山 壮磨 (大阪・大阪桐蔭) 0.608149199
中川 広渡 (東京・早稲田実) 0.606060606
安田 大将 (福岡・東海大福岡) 0.59047619
早稲田 玲生 (山口・宇部鴻城) 0.582089552
摺石 達哉 (福井・福井工大福井) 0.5799294
西垣 雅矢 (兵庫・報徳学園) 0.572753307
川口 龍一 (愛知・至学館) 0.552347477
小比類巻 圭汰 (岩手・不来方) 0.492537313
北本 佑斗 (高知・明徳義塾) 0.492063492








秋の東京都大会で清宮くんから

5打席連続奪三振した日大三高の桜井投手が1位になりました。

日大三高は投打のバランスの良いチームで今大会のダークホースですね。


スポンサーリンク


2017年1月24日火曜日

WBC 2017 侍ジャパンメンバー発表!

ついにWBCを戦う侍ジャパンのメンバーが発表されましたね!

辞退者が1人出たということで、

あと1人は追加発表があるみたいです。

(辞退者はソフトバンクの柳田選手か日本ハムの中島選手かと言われているみたですが、どうなんでしょうか。)








世界を舞台に侍たちはこいつらだ!




【投手】
松井裕樹(楽天)
菅野智之(巨人)
秋吉亮(ヤクルト)
則本昂大(楽天)
宮西尚生(日本ハム)
大谷翔平(日本ハム)
藤浪晋太郎(阪神)
増井浩俊(日本ハム)
石川歩(ロッテ)
岡田俊哉(中日)
牧田和久(西武)
千賀滉大(ソフトバンク)
平野佳寿(オリックス)


【捕手】
小林誠司(巨人)
大野奨太(日本ハム)
嶋基宏(楽天)


【内野手】
松田宣浩(ソフトバンク)
菊池涼介(広島)
坂本勇人(巨人)
中田翔(日本ハム)
山田哲人(ヤクルト)


【外野手】
内川聖一(ソフトバンク)
青木宣親(アストロズ)
平田良介(中日)
筒香嘉智(DeNA)
鈴木誠也(広島)
秋山翔吾(西武)





なんといっても日本の注目は日本ハムの大谷翔平選手でしょう。

二刀流がWBCでみられるんでしょうか。

今から待ちきれません。




スポンサーリンク


2017年1月3日火曜日

「最高のチーム」の作り方/栗山 英樹




2016年の流行語大賞をとった「神ってる」という言葉。

鈴木誠也選手の活躍はもちろんすごかったですが、

チームとして神がかっていたのは、

福岡ソフトバンクホークスと最大11.5ものゲーム差をひっくり返して、

優勝した日本ハムファイターズでしょう。







その2016年の日本ハムを優勝へ導いた栗山 英樹監督が、

余すことなくペナントレースの裏側を語ってくれています。









続いた誤算、有原航平に救われた

4月に勝てなかった大谷翔平より誤算だったのが、

ルイス・メンドーサの調子が上がってこなかったことだと栗山監督は語ります。

先発ピッチャーたちが調子があがらない中で、

有原航平が無傷の開幕5連勝。

この有原航平の踏ん張りのおかげで、どうにか開幕してから1か月を勝率5割前後で持ちこたえることができた。








勝負手だった大谷翔平の「限定解除」

強いホークスに勝つためには何か手を打たなければならない。

そう栗山監督が考えて打った手が、

DH制を採用しているパ・リーグの公式戦で、指名打者を使わず、ピッチャー・大谷翔平を打順に組み込むということ。

これにより大谷への負担は確実に増すものの、

栗山監督はこの勝負手をうったことで、

大谷は「らしさ」を取り戻し、その後の投打での活躍につながったと分析します。








そして次の一手が「1番・ピッチャー、大谷翔平」だったそうです。

7月3日、首位ホークスとの直接対決、初めて栗山監督は「1番ピッチャー 大谷翔平」という打順を組みます。

ビジターゲームでは1回表先に打撃が回ってくるため、ピッチングに集中させるのが難しくなる。

先に打たせて、ピッチャーの準備をさせるほうが楽だろうという発想で栗山監督は大谷を1番に起用した。

そして大谷は先頭打者ホームランで、その起用に応える。

大谷翔平伝説が1つ増えた瞬間だった。







4番・中田翔への代打

栗山監督がここだけは絶対に動かさないと公言していた

4番・中田翔。

栗山監督は「結果」を理由に中田を代えるつもりはなかったと語ります。

このときの中田翔には戦う気持ち、強い気持ちが感じられなかったから

中田翔に代打を送った。

正直あれが本当に正しいやり方だったのかどうか、その答えはいまもわからないと栗山監督は胸の内を明かします。









西川遥輝の進むべき道を照らし続けたコーチの存在

2016年、ついに打撃でもブレークした西川遥輝。

それでも栗山監督は西川遥輝の才能からしたらまだほんの一分咲きだと語ります。

本当に開花したらトリプルスリーを狙える選手だと断言されています。

今シーズンは城石憲之コーチが西川の進むべき道を照らし続け、

今シーズンの活躍ができたと栗山監督は分析されています。



スポンサーリンク